赤みや痒みの有効成分

美容クリーム

肌の菲薄化による症状

50代の方で、すぐに肌が赤くなったり痒くなったりする方はいらっしゃらないでしょうか。もしこのような症状がある場合には、肌の菲薄化が進んでいる可能性があります。肌の菲薄化とは、加齢により肌の真皮層がダメージを受け薄くなっている状態を指します。また、角質層も薄くなるため、肌が非常に乾燥しやすい状態になってしまいます。肌の乾燥により刺激を受けやすくなっており、菲薄化は肌の赤みや痒みを引き起こす原因となってしまうのです。また、菲薄化は、女性ホルモンの減少も影響しています。女性ホルモンの減少により肌の内側が痩せ、乾燥やシワの原因となってしまいます。加齢と女性ホルモンの減少は止めることはできませんが。基礎化粧品を見直すことにより予防することはできます。

菲薄化に有効な成分

肌の菲薄化の進行を止めるためには、50代になったら基礎化粧品を見直すことが重要です。基礎化粧品を見直すことで、肌の赤みや痒みを予防し改善する効果も期待できます。50代で基礎化粧品を見直す場合には、2つの成分が配合されているかを重視し選ぶようにしましょう。1つ目の成分が、ビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は肌の炎症を防ぐ効果があり、肌の赤みを改善することができます。また、コラーゲンの生成を促進してくれるため、菲薄化の進行を防ぐ効果も期待できます。2つ目の成分が、ビタミンKです。血液の流れを促進する効果のあるビタミンKは、肌の赤みと痒みを改善してくれます。また、血行促進効果は肌の乾燥にも効果があるため、シワにも高い効果を期待できます。50代になったらビタミンC誘導体とビタミンKが配合された基礎化粧品を使用し、肌の菲薄化を改善することが重要です。

Copyright© 2016 40代でも化粧品の効果で肌を改善できる~キレイに変身~ All Rights Reserved.